Mimic-AFC/HD

オートフォーカス&画像鮮明化ユニット

Mimic-AFC/HD

オートフォーカス制御と画像鮮明化機能を搭載した唯一のマルチユニット。既存の撮影環境に後付け可能な単体ユニットタイプ。通信による遠隔操作が可能。

製品の特徴

  • オートフォーカス制御と画像鮮明化機能を搭載し、高速・高精度撮影を支援
  • 画像コントラスト方式の採用で、高速、高精度なオートフォーカスを実現
  • 画像鮮明化機能で霧や雨によりかすんだ映像を、明瞭に撮影が可能
  • リアルタイム性を損なわない高速画像処理
  • カスタム設定機能により様々な動作環境に対応

用途

・監視におけるオートフォーカス制御
・監視等各種映像の鮮明化

オートフォーカスイメージ・鮮明化イメージ

オートフォーカスイメージ+鮮明化イメージ

仕様

製品名
Mimic-AFC/HD
機能
オートフォーカス制御機能、画像鮮明化機能
映像入力
1入力
HD-SDI信号端子
映像出力
2出力(カメラ信号パススルー出力、画像鮮明化映像出力)
HD-SDI信号端子
※入力フォーマットに依存
外部通信端子
RS-232C
RS-422
※発注時選択
寸法
約120(W)×48.5(H)×135(D) ※突起部除く
動作環境
温度0~40℃、湿度0~80%RH、消費電力約15W(結露なきこと)
電源
DC12V±10%

オートフォーカス仕様

オートフォーカス方式
画像コントラスト方式
検出位置
1エリア(選択式)
レンズユニット
RS-232C電動レンズ
※レンズ制御は要カスタマイズ
フォーカス分解能
レンズに依存
ボーレート
9600/19200/38400/57600/115200bps(RS-232C/RS-422)
モード
30種類

画像鮮明化仕様

機能
Defog機能
ノイズ除去機能
モード
プリセット6種類
ユーザー設定5種類
  • 仕様は予告なく変更する場合があります。

オートフォーカス技術

画像コントラスト方式に独自アルゴリズムを組み合わせたオートフォーカス機能を搭載し、幅広いカメラ・レンズに対応。
被写体が認識しづらい環境では画像鮮明化後の映像に対してもオートフォーカスが行えるため、正確に被写体を捉えます。※1
  • 入力映像の画質、撮影環境、その他外部機器による補正等により正常なオートフォーカスが行えない場合があります。

画像鮮明化技術

コントラストが低下した映像を鮮明な画質へ補正するDefog機能、撮影時に生じるノイズを抑制するノイズ除去機能を高速に実現。
霧や雨・雪によりかすんでいる映像や光量が足りない映像に対して効果を発揮し、より鮮明な映像を提供します。
多彩なモードを搭載し、利用シーンに合わせた設定を選択できます。
※左側が鮮明化なし、右側が鮮明化あり

システム構成例

システム構成例