HBC-1200C/S

【分離型】超高感度HbCMOS
ハイビジョンカラーカメラ

HBC-1200C/S

近紫外~近赤外までの幅広い分光感度特性を持ち、カラー動画(29.97fps)で最低被写体照度0.005Lx モノクロ動画(29.97fps)で最低被写体照度0.0013Lx撮影を可能にする2/3型正方画素ローリング電子シャッター方式のHbCMOSを使用した、超高感度ハイビジョンカメラ。
  • 130万画素
  • カラー
  • Cマウント
  • 約2/3型
  • HbCMOS
  • HD-SDI

仕様

製品名
HBC-1200/S 【分離型】超高感度HbCMOSハイビジョンカメラ
撮像素子
2/3型 HbCMOS Image Sensor
センサー有効画素数
約132万画素 【1288(H)×1032(V)】
レンズマウント
Cマウント
映像出力フォーマット
1080i(59.94Hz or 50.00Hz)/ 720p(59.94Hz or 50.00Hz)
映像出力
HD-SDI
S/N比
標準55dB以上
最低被写体照度
0.005Lx(カラー動画時、最大感度設定、F1.4)
0.0013Lx(モノクロ動画時、最大感度設定、F1.4)
外径寸法
(突起部除く)
カメラヘッド:約W50×H50×D57mm
CCU:約W206×H62×D140mm
消費電力
約15W
電源電圧
AC100V
重量
カメラヘッド:約0.2kg/CCU:約1.0kg

製品の特徴

低ノイズ

従来機(当社比)の超高感度カメラに比べ、標準時撮影のノイズ化により、認識性の高い撮影が可能。

小型・省電力

分離型により、カメラヘッドを最小限までコンパクトに。非冷却・省電力となっており、医療用途等にも適したカメラ。

各種映像出力

内部設定切替で、各種映像出力信号に対応(HD-SDI) 1080i(59.94Hz or 50.00Hz)/ 720p(59.94Hz or 50.00Hz)

リモート制御

RS-232C / RS-422でのシリアル制御対応。リモートコントローラー【RM-5】(オプション)やユーザー機器コマンド制御などを使用し遠隔制御も可能

実例/使用場面

・医療用途(手術顕微鏡、内視鏡 など)
・高度セキュリティ用途
・天体撮影